FC2ブログ

V定例 剱岳北部稜線

ヴァリエーション定例

剱岳 北部稜線


2019年9月13日~16日  【参加者】6名



1E3E.jpg

【日時】2019年9月15日(日)晴天
【コースタイム】池の平小屋(4:20)→小窓氷河(5:50)→三の窓(9:00)→三の谷ガリー(9:15)→池ノ谷乗越(9:50)→長次郎ノ頭(11:00)→長次郎のコル(11:40)→劔岳(12:00~12:40)→カニのハサミ(12:50)→早月小屋(15:30)


haya-1.jpg



満天の星空の中、池の平小屋を出発!!

DSC06584.jpg


DSC06593.jpg


小窓雪渓(氷河)が眼下に見える頃にはまわりも明るくなり、小窓雪渓(氷河)への取りつき。
アイゼンを装着。
何度か氷河の割れ目を超え小窓のコルの直下でアイゼンをはずす。

DSC06594.jpg


岩に書いてある赤い→を見つけ、岩場の急登を登ると小窓の王のコル到着
(有名な核心部傾斜40°の雪渓は今年は雪はなく知らないうちに通過していた)

前方には池ノ谷ガリーが。ザレた斜面を足元に気を使い三の窓へ降りる。
ここから激急登の池ノ谷ガリー、乗越まで標高差200mほど岩の積木。

DSC06598.jpg


慎重に上からの落石にも注意して無事に池ノ谷乗越到着。
空は雲一つ無い晴天
遠くに針ノ木岳などの山々をのぞみ一息。

DSC06603.jpg

目の前の岩壁を登り池ノ谷の尾根から長次郎の頭までは稜線歩き。
やっと剱岳本峰が見え最後の難所、 長次郎の頭。
鎖もロープも無い岩を剥がれないように岩にへばり付き、トラバースし、次は「この垂直の崖降りるの???」
途中まで短いロープが垂れているが下まで私の足届くか?届かない。
途中からホールドとステップをみつけ1つ2つ…着地。
目の前の本峰の岩稜を登り劔岳山頂着いた?\(^-^)/

DSC06605.jpg

振り返ると北方稜線、後ろ立山連峰。前方に別山尾根、立山、薬師岳の先に笠ヶ岳。
雲海の先には先月登った越後の山々と360°望むことができ遠?くに富士山かな?

沢山の人でにぎわう山頂でゆっくりする間もなく、「カニのハサミ」を超え、劔岳に見送られ早月小屋到着
山行目的の「崖稜、バリエーションルート経験及びスキルアップ」を全身で感じた山行でした。

IMG_0725.jpg

10:36 | ■ 縦走 | edit | page top↑