FC2ブログ

県連フリー登山バス 常念岳~蝶ヶ岳縦走

常念岳~蝶ヶ岳縦走

【日 程】 2019年7月26~28日(金~日)

【参加者】 6名

 県連初級登山学校卒業生5名と講師1名の計6名で県連フリー登山バスを利用して常念岳から蝶ヶ岳を縦走した。
 出発前に突如発生した台風6号により好天とはならなかったが、槍~穂の大パノラマや可憐な花たちを楽しみながら予定通りのコースを踏破することができた。
 また、ガスがかかった縦走路で雷鳥の親子ととてもラッキーな出会いをすることができた。


【コースタイム】
7月26日(金) 一ノ沢(8:00)途中昼食(11:45~12:16)胸突八丁(12:23)常念小屋(13:55)
7月27日(土) 常念小屋(6:00)常念岳(7:55~8:05)2,592mピーク(11:10~45)蝶槍(13:10)2,664.5mピーク(13:15~30)蝶ヶ岳ヒュッテ(14:20)
7月29日(日) 蝶ヶ岳ヒュッテ(6:05)蝶ヶ岳(6:15)長塀山(7:08)徳沢(10:00)

<7/26>
1一の沢登山口
一ノ沢登山口のポストに計画書を投函して出発する
2ニッコウキスゲ
途中、ニッコウキスゲの群落がある川沿いで昼食をとる


3上部雪渓
上部には雪渓が迫っていた


4ゴゼンタチバナ
胸突八丁から急登が始まるがゴゼンタチバナを始めとする
可憐な花たちが目と心を和ませてくれる


5常念小屋
写真を撮りながらのスローペースだったが予定より早く着いた


6コゴメグサ
明日の天気がどうなるか分からないので軽装で常念岳をピストンする
ミヤマコゴメグサや…


7ミヤマダイコンソウ
ミヤマダイコンソウを愛でながら…


8常念山頂
常念岳山頂へ
槍~穂の稜線は上部にガスがかかっていて少し残念


9槍ヶ岳夕景
しかし、部屋運には恵まれ、窓から夕景の槍ヶ岳を見ることができた


<7/27>
10朝の常念小屋
昨夜からの雨が止み、風が強いが晴れ間が出だした


11槍穂遠望
1時間ほど登るとほとんど雲がなくなり
槍~穂の大パノラマが広がった


13蝶への縦走路
常念岳頂上から南に蝶ヶ岳への縦走路が続いている


14シャクナゲ
あちらこちらのハクサンシャクナゲを愛でながら…


15蝶槍が近い
2,592mピークで早い昼食とする
蝶槍がだいぶ近くなった


17ライチョウ
蝶槍を越えた2,664.5mピークで
運よくライチョウの親子に出会あうことができた


<7/28>
18蝶から常念を望む
樹林帯に入る手前で常念岳と蝶ヶ岳ヒュッテを振り返る


20徳沢
途中、長塀山を過ぎ、長い長い樹林帯の下りをこなして
やっとのことで徳沢に着いた
16:34 | ■ 縦走 | edit | page top↑