FC2ブログ

県外自主クライミング

「八ヶ岳周辺回遊」

 -メインは小同心クラックとツクモグサ-

【期 間】 2018年5月31日(木)~6月3日(日)

【参加者】 A達、T屋、I田  計3名

【行    程】 
  5/31 広島21:00発
  6/01 富士見パノラマリゾート~入笠山~美濃戸山荘~赤岳鉱泉
  6/02 赤岳鉱泉~大同心稜~小同心クラック~横岳山頂~硫黄岳山荘
      ~硫黄岳~赤岳鉱泉~八ヶ岳山荘
  6/03 八ヶ岳山荘~霧ヶ峰(車山、八島湿原)~諏訪大社本宮~広島着

<6/1>
DSCN0643.jpg
富士見パノラマリゾートの山麓駅から八ヶ岳の峰々が雲間に望まれる
DSCN0644.jpg
ゴンドラリフトで山頂駅へ
八ヶ岳が雲に覆われてきた

DSCN0650.jpg
山野草公園では幻の花「釜無ホテイアツモリソウ」が咲いていた

DSCN0653.jpg
そのほかベニサラサドウダンや

DSCN0656.jpg
サクラソウ

DSCN0657.jpg
入笠湿原のスズランの自生地、

DSCN0660.jpg
エゾノコリンゴ、

DSCN0661.jpg
クリンソウを愛でながら

DSCN0667.jpg
入笠山山頂へ
絶好の展望台だが、雲が多くてイマイチだった

DSCN0671.jpg
美濃戸山荘まで車で入り、
北沢を2時間ほど歩くと赤岳鉱泉だ
いつもの通り、大同心と小同心が並んで迎えてくれる

DSCN0672.jpg
明日登る小同心のクラックがよくわかる

<6/2>
DSCN0678.jpg
大同心稜を1時間強で大同心の基部に到着する

DSCN0679.jpg
小同心も間近だ

DSCN0682.jpg
大同心の基部から大同心ルンゼに下り、

DSCN0683.jpg
登り返すと小同心の取付き点だ
取付き点からルートを見上げる
天気も展望も申し分ない
今日は我々だけのようだ…ラッキー!

DSCN0684.jpg
北側の大同心の垂壁のかなたに蓼科山が望まれる

DSCN0685.jpg
北西には雲のかなたに槍穂連峰が浮かんでいる

DSCN0687.jpg
南には北岳~甲斐駒~仙丈岳の稜線が近い

DSCN0690.jpg
絶好天のもとですばらしい登はんを終えると
笑顔のツクモグサのお出迎えだ!
(少しピンボケ)

DSCN0693.jpg
横岳山頂「奥ノ院」で記念撮影、ヤッタゼ!

DSCN0695.jpg
大同心を見下ろすとドームの基部にクライマーが…

DSCN0696.jpg
硫黄岳山荘で早い昼食とする
野辺山辺りのビニールハウスが銀色に輝いている
カレーが1,200円、年金生活者には手が出ない

DSCN0699.jpg
芽生えたばかりのコマクサ

DSCN0700.jpg
硫黄岳の爆裂火口
相変わらずの迫力だ

DSCN0702.jpg
硫黄岳名物のキバナシャクナゲが咲いていた

DSCN0706.jpg
朝登り始めた大同心ルンゼまで戻ってきた

<6/3>
DSCN0708.jpg
霧ヶ峰車山からの八ヶ岳のなつかしい眺望
学生の時に眺めた風景と変わらない

DSCN0713.jpg
百名山に敬意を表して記念撮影

DSCN0715.jpg
八島湿原の方になだらかに広がる霧ヶ峰の高原が続く

DSCN0717.jpg
なだらかな編笠山の裾野に富士山が浮かんでいる

DSCN0723.jpg
八島湿原から車山を望む

DSCN0726.jpg
帰路に諏訪大社本宮に立ち寄り、一の御柱を見物する

DSCN0729.jpg
引きずったためか、裏側が平らになっていた

DSCN0731.jpg
境内図、四つの御柱が神居を取り囲んでいる

DSCN0732.jpg
二の御柱の傍には千年以上のケヤキの大木が鎮座していた

拝殿で今夏のスイス遠征の登頂成功と安全祈願をし、
お守りをゲットして帰広した

15:31 | ■ クライミング | edit | page top↑